バナー

過払い金請求を弁護士に依頼する際の注意点

過払い金請求は法律によって「返済するべき」と定められたお金について返還を求めるための手続きですから、その専門家も当然法律に関する問題解決や諸手続きを行う人ということになります。


そしてこの法律に関する問題解決を担う専門家となるのが弁護士ですから、過払い金請求に関しても弁護士が取り扱うことが出来るということになります。

しかしこの「弁護士」に過払い金請求を依頼する際に心得ておくべき注意点が幾つかあります。


まず一つ目として注意したいのが「弁護士に依頼をするのであれば相応の費用がかかる」ということです。実際にいくらかかるのかということについてはそれぞれの人が借りている金融機関の数やその金額によっても異なってきますが、一般的には「着手金」がまず発生し、払いすぎた利息が返還された場合には「成功報酬金と過払い金報酬金」の二つがさらに加算される形になります。



着手金と成功報酬金は交渉先となる業者1件につきそれぞれ2~3万円ほどが相場となっており、そして実際に返還された分に対して発生する報酬金の部分は「返還金額の20%」が相場となります。

訴訟によって解決した場合は返還金額の25%が報酬の金額になる場合もありますが、返還総額が大きいほど報酬も高くなるということで覚えておく必要があるのです。また同様に注意したいのが、全体から見れば数はさほど多くないものの「依頼を受けても実際に行動しない弁護士事務所がいる」ということです。
もちろんほとんどの弁護士事務所は依頼を受けた段階からすぐに解決に向けて動き出してくれますが、一部では着手金だけを受け取ってあとは何もしないというようなところもあるのです。

あなたにオススメの東京新聞の情報ならお任せください。

そうなると支払い損、時間の無駄ということになってしまいますから「弁護士だから信用できる」ではなく「この弁護士事務所は信用できるだろうか」として考えるようにしてください。

ターゲットに応じたアイフルの過払い金の情報はかなり役に立ちます。