バナー

過払い金の請求が早くしなければならない理由

過払い金の請求はできるだけ早くするべきだと言われることが多いですが、これは確かにその通りです。

その理由は2つあります。
その一つが取引履歴の保管期間です。



消費者金融などの金融機関は、取引に関する情報を10年間は保管するように義務付けられています。

セゾンの過払い金に関する情報を提供中です。

ですから、10年間は情報開示に応じてくれます。

しかし、それを過ぎると保管の義務がなくなりますから、過去にどのような取引を行ったのかがわからなくなる可能性があります。


そうなると、過払い金の請求はできなくなります。

日本経済新聞の役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。

もう一つは金融機関の破綻です。過払い金の請求ができる権利があったとしても、それは金融機関が存在しているという前提で成り立ちます。


過去には存在していたとしても現在はすでに破綻して存在していないという状況の時には、誰からも返してもらうことはできません。

金融機関というと堅実な経営を行っているというイメージを持っている人も多いと思いますが、実際に破綻した消費者金融があるということも知っておいたほうが良いです。破綻したのは大手の一角と言われていた消費者金融で、現在は整理されています。

過去に消費者金融から借り入れをしていて、過払い金が発生している可能性があったとしても、破綻すると請求できなくなりますから注意が必要です。

もしも可能性があるのであれば、すぐにでも手を打つべきでしょう。

自分ではなんともできない人なら、弁護士や司法書士に相談して見る価値はあります。