ハイヤー運転手の仕事

subpage01

ハイヤー運転手の仕事ですが、タクシーと同じようにお客さんを乗せて目的地まで運ぶことになります。
タクシーとの区別は曖昧である場合もありますが、一般的には、タクシーよりも社会的地位の高い人、例えば大企業の役員であるとか、政治家、大物芸能人などを乗せることが多くなります。この場合、当然ながらいわゆる流しでの営業はありません。


お客さんからのコールに応じて配車するということになります。


一般のタクシーでもそうですが、ハイヤーの場合はとくに、乗せる人がこのように社会的地位の高い人ですから、そういう人の接客をしっかりとこなせることが運転手にとっては必須です。毎回クレームが来るようでは仕事はおぼつきません。逆に、運転技術だけではなく自分よりも地位の高い人に対して腰の低い姿勢で接することも得意としている人であれば、タクシー運転手になるよりも好条件で仕事ができる可能性が開けてきます。

あなたの探していたハイヤーの運転手関連情報サイトです。

ハイヤーの場合は仕事の単価がそれだけ高いからです。


ただし、上述のように流しの営業がなく配車中心であること、そして乗せる人が限られていることは当然仕事スタイルにも影響してきます。



例えばどうしても早朝、夕方以降の時間帯に仕事は集中します。昼間の時間帯は相手も仕事中で、移動の需要は少ないからです。



配車中心である以上、自分でお客さんをつかまえるというよりは、しっかりと配車係りの担当者に信頼を得て、仕事を回してもらえるようにすることも重要です。